豊田市民芸館
 
民芸館施設案内
特別展・企画展
民芸館講座
四季のアルバム
民芸館友の会
発刊図書一覧表
アクセスマップ
リンク
 
豊田市民芸館
〒470-0331
愛知県豊田市平戸橋町
波岩86-100
TEL/0565-45-4039
FAX/0565-46-2588
 


やきものと言えば隣接する瀬戸市が全国的に有名ですが、平安時代、民芸館の位置する猿投山麗西南部には、陶芸の一大産地がありました。民芸館の復元窯で焼成します。
 
焼成コース
(成形1回)
9:00~16:00(昼食持参) 定員各15人
(窯詰め・窯焚き・窯出し)  指定日(作陶日に調整)
体験コース
(成形1回)
13:00~16:00 定員各15人

【場   所】  陶芸室・染色室(陶芸資料館1F)    【講   師】  野田宗憲
 
講座カリキュラム
焼成コースのご案内

この講座は、作陶だけでなく、窯詰め、窯焚き、窯出し(1回8時間(9~17時、17~1時、1~9時))も講座の一部とした講座です。
この講座の特徴は、受講者に地域の風土や歴史に関心を持ち、材料にこだわりながら作品を制作し、さらに窯詰め、焼成に参加することを通して、猿投古窯(穴窯)の魅力を理解することを目的に開催します。
窯詰め、窯焚き、窯出し(指定日)に参加できる方が対象です。申込みの際はご注意ください。

平成29年度の焼成スケジュール
  第1回 第2回
窯詰め
7月26日(水)9~12時頃 11月15日(水)9~12時頃
窯焚き
7月27日(木)~30日(日) 11月16日(木)~19日(日)
窯出し
8月19日(土)9~10時頃 12月2日(土)9~10時頃
 
◎持ち物:軍手、飲み物
◎服装:長袖、長ズボン
 
   

 

 
   

 

焼成コースと体験コースは同日に行います。場所は陶芸室か染色室のいずれかで行います。

受 講 日

広報とよた掲載予定

申込み期限(必着)

1期

6/15(木)・6/17(土)・
6/18(日)のいずれか1日

5/15号

5/25(木)

2期

10/19(木)・10/21(土)・
10/22(日)のいずれか1日

9/15号

9/24(日)

 

焼成コース 9:00~16:00(昼食持参)
【定  員】  各15名程度(友の会優先枠含む)
【受講料】  2,600円(材料費込み 粘土6kg)
【持ち物】  タオル・エプロン

 受講日当日は作陶のほかに、窯詰め・焼成レクチャーと役割分担(窯詰め・焚き当番)決めをします。
 

体験コース 13:00~16:00
【定  員】  各15名程度(友の会優先枠含む)
【受講料】  2,300円(材料費込み 粘土3kg)
【持ち物】  タオル・エプロン

 体験コース受講者の方も窯詰め、窯焚きに参加することができます。
 

【友の会優先枠について】
友の会会員は、抽選の際優先枠があります(各日10名)。会員の方は、申込みはがきに会員番号を明記してください。友の会への入会(年会費1,000円必要)は民芸館へお問い合わせください。

体験講座のご案内
 
夏休み窯焚き陶芸体験
猿投古窯(さなげこよう)ってなあに?
この地域でつくられた古代のやきもの猿投古窯(さなげこよう)、展示している陶片(やきもののかけら)に触れたり、窯焚きを体験したり、やきものづくりにも挑戦します。


日 時
(作 陶)7月15日(土) 10:00〜12:00
(窯焚き)7月30日(日) 10:00〜12:00
対 象
両日とも参加できる方、小学生以上(小学生は保護者同伴)
定 員
10人
参加費
1,200円(中学生以下1,000円)
持ち物
タオル、エプロン、窯焚き時の服装は長袖、長ズボン、軍手持参
詳 細
広報とよた6/15号
申込み
7/7(金)までに往復はがきで
作品は8月20日(日)以降にお渡しします。
 
猿投古窯を授業でとりあげてみませんか?
平安時代の窯、猿投古窯(さなげこよう)について、授業でとりあげてみませんか。やきものの歴史、収蔵品によるレクチャー、鑑賞、復元窯による陶芸作品づくりなど、学習目的にあったプログラムを提案します。普段は見ることのできない窯の中を見ることができます。
平成29年度は上記2回の焼成を予定しています。作品は学内発表などにもご活用いただくことができます。お気軽にお問い合わせください。
   
 
   
   
Copyright(c)2003 TOYOTASHI MINGEI-KAN All Right Reseved.
掲載されている全ての画像、文章のデータについて、
無断転用・無断掲載をお断りいたします。