豊田市民芸館
 
民芸館施設案内
特別展・企画展
民芸館講座
四季のアルバム
民芸館友の会
発刊図書一覧表
アクセスマップ
リンク
 
豊田市民芸館
〒470-0331
愛知県豊田市平戸橋町
波岩86-100
TEL/0565-45-4039
FAX/0565-46-2588

特別展 
柚木沙弥郎の染色 もようと色彩

 1922年(大正11)に東京で生まれた柚木沙弥郎(ゆのきさみろう)は、日本民藝館創設者である柳宗悦(1889-1961)の思想と、芹沢銈介(1895-1984)の作品に啓発されて染色家の道を志します。自身の制作のほか、女子美術大学では後進の育成に力を注ぎ、日本民藝館展の審査にも長く携わってきました。近年はフランス国立ギメ東洋美術館など国内外で展覧会を開催、今なお旺盛な創作を続けています。
 柚木は主軸とする布への染色のほか、ガラス絵、版画、立体、絵本、ポスターなど多様な分野にも積極的に取り組んできました。それは少年のような柚木の好奇心が駆り立てたことではありますが、視点を変えれば、形式化や惰性に陥りやすい工芸という営みの中で、自作を生き生きした境地へ循環させるための推進力だったともいえます。
 柚木作品の特質は何といっても、その生命感のある模様と鮮やかな色彩でしょう。柳は「模様の意義を解く事と、美を解く事とは同一の意味がある」としたうえで、「よい模様は直観で捕えられた本質的なものの姿である」「凡ての無駄を取り去って、なくてはならないものが残る時、模様が現れる」と述べています(「模様とは何か」1932年)。柚木による約70年の制作活動は柳の説く指標を真摯に追うものでもありました。
 本展は平成30年度に日本民藝館で開催された展覧会を再構成したものです。「模様を生み出すにはうれしくなるよりしょうがない」と語る柚木の模様と色彩の世界をご覧ください。

第一民芸館内

  • 型染むら雲三彩文着物 1967年 丈168.5cm

  • 型染蓮文飾布
    1982年(部分)

  • 型染飾布「メキシコ人物」
    1970年代(部分)

  • 型染爪文帯地
    1991年(部分)

  • 左から 
    注染水玉文布 1950年代(部分)
    型染巴文布 1992年 縦289㎝
    型染大理石文布 1982年(部分)

第二民芸館内

   
 
   
   
Copyright(c)2003 TOYOTASHI MINGEI-KAN All Right Reseved.
掲載されている全ての画像、文章のデータについて、
無断転用・無断掲載をお断りいたします。