豊田市民芸館
 
民芸館施設案内
特別展・企画展
民芸館講座
四季のアルバム
民芸館友の会
発刊図書一覧表
アクセスマップ
リンク
 
豊田市民芸館
〒470-0331
愛知県豊田市平戸橋町
波岩86-100
TEL/0565-45-4039
FAX/0565-46-2588

企画展 
柳宗悦と古丹波

民芸運動の創始者で日本民藝館を開設した柳宗悦[1889-1961]は1923 年の関東大震災の後、住まいを東京から京都へ移します。
京都では朝市で丹波で織られた布をよく購入しており、その時に丹波焼との出会いがあったと言われています。1927 年には丹波立杭窯を訪問し、次第に丹波焼に惹かれていきました。
その後、丹波篠山の古道具商の尚古堂や大阪の百貨店が催した展覧会などを通して丹波焼の様々な作品を蒐集していきます。
特に尚古堂の中西幸一氏[1896-1969]との出会いは、柳の丹波焼蒐集に大きな影響を与えています。柳は晩年に到るまで数多くの丹波焼を蒐集していますが、焼成時の灰による自然釉の甕や壺に美しさを見出し、その蒐集に邁進していきました。
本展では、2019 年に日本民藝館で開催された展覧会を再構成し、柳が丹波焼と出会ってから晩年に到るまでの蒐集を辿っていきます。また、合わせて豊田市民芸館所蔵の丹波焼の作品も展示します。

第一民芸館内

第二民芸館内

   
 
   
   
Copyright(c)2003 TOYOTASHI MINGEI-KAN All Right Reseved.
掲載されている全ての画像、文章のデータについて、
無断転用・無断掲載をお断りいたします。