豊田市民芸館
 
民芸館施設案内
特別展・企画展
民芸館講座
四季のアルバム
民芸館友の会
発刊図書一覧表
アクセスマップ
リンク
 
豊田市民芸館
〒470-0331
愛知県豊田市平戸橋町
波岩86-100
TEL/0565-45-4039
FAX/0565-46-2588
平成30年度

民芸館では、手仕事の美・民芸美をご鑑賞いただくために
下記の企画・特別展を開催いたします。
ご来館を心よりお待ちしています。

企画展 
「愛蔵こけし」

期 間 2018年12月22日(土)
〜2019年5月12日(日)
会 場 第2民芸館
時 間 午前9時 〜 午後5時
休館日 月曜日
(但し12/24、1/14、2/11、4/29、5/6は開館)
・年末年始12/28〜1/4
観覧料 無料
内 容  郷土玩具の一つである「こけし」。その発生には諸説ありますが、江戸時代後期(1800年頃)から作られ始めたと考えられています。東北地方の湯治場みやげとして売られるようになったこけしは、子どもの玩具からやがて大人の鑑賞対象へと変わっていきます。第3次こけしブームと言われる現在、昭和40〜50年代の第2次こけしブーム世代の愛好家に加えて、若い女性たちもこけしの産地を巡りこけしを集め、こけしのある生活を楽しんでいます。
 現在東北6県で11系統に分類されている伝統こけしは、親から子へまた弟子との師弟関係を通してその型が受け継がれ、家系図のようにそのこけしや工人の名が残っていくという他の郷土玩具とは違った特異性があります。
 今回の展覧会では郷土玩具のコレクターより民芸館に寄贈された主に昭和40年代に収集された伝統こけしをその系統別に約500点展示します。受け継がれる伝統、工人の個性、表情豊かで愛らしいこけしたちをどうぞご覧ください。
同時開催 館蔵 民芸47都道府県
期間 1/5(土)〜5/12(日)
会場:第1民芸館 入館無料

関連企画

「ギャラリートーク」(学芸員による展示解説)

日 時 2月17日(日)午後2時〜 ※40分程度
会 場 第2民芸館
参加費 無料
定 員 先着20名(事前申込不要)

「集まれ!こけ女会」

日 時 3月2日(土)午後2時〜3時半
会 場 第3民芸館
参加費 無料
持ち物 自分の愛蔵こけしやその写真
定 員 先着20名(事前申込不要)こけし好きの方ならどなたでも参加可能
内 容 参加者自慢の愛蔵こけしの鑑賞、こけしの収集旅やこけし工人との交流エピソードなどの情報交換会。

「こけし絵付け体験」(なくなり次第終了)

日 時 2019年1月11日(金)〜3月31日(日) 午前10時〜午後3時
会 場 第3民芸館
定 員 先着80個予定(事前申込不要)
参加費
こけしストラップ(3cm)350円〜
ペン立て(10cm)1,600円まで7種

「こけし・グッズ販売」(展覧会開催期間中)

会 場 第2民芸館
協 力 津軽こけし館

旅するこけし

みなさんの愛蔵こけしと一緒に展覧会を見に来ませんか?
民芸館で撮った写真をぜひSNSで発信してください。

   
 
   
   
Copyright(c)2003 TOYOTASHI MINGEI-KAN All Right Reseved.
掲載されている全ての画像、文章のデータについて、
無断転用・無断掲載をお断りいたします。