豊田市民芸館
 
民芸館施設案内
特別展・企画展
民芸館講座
四季のアルバム
民芸館友の会
発刊図書一覧表
アクセスマップ
リンク
 
豊田市民芸館
〒470-0331
愛知県豊田市平戸橋町
波岩86-100
TEL/0565-45-4039
FAX/0565-46-2588
 
開催中の特別展・企画展  特別展・企画展の年間予定表  過去の開催一覧
 
2019年度


民芸館では、手仕事の美・民芸美をご鑑賞いただくために
下記の企画・特別展を開催いたします。
ご来館を心よりお待ちしています。
企画展
『愛蔵こけし』(第2民芸館)
 同時開催 館蔵『民芸47都道府県』(第1民芸館)
期  間

~5月27日(日)  観覧料 無料

 
企画展
『四季の民芸 夏 -歳時記より-』(第1・2民芸館)
内  容

日本人は古来より四季の移り変わりを感じ、そこに存在する事物を 愛でて暮らしてきました。当館所蔵の民芸品からもそうした四季を感じことができます。 今回は収蔵品やそこに描かれた文様を、四季の事物や年中行事をまとめた書物「歳時記」より 四季と新年にわけ、夏を主とした民芸品を紹介します。

期  間

5月21日(火)~9月1日(日)  観覧料 無料

 
特別展
『柚木沙弥郎の染色 もようと色彩』

  (日本民藝館巡回展)  (第1・2民芸館)
期  間

9月10日(火)~12月1日(日)  観覧料 有料

内  容

1922年(大正11)に東京で生まれた柚木沙弥郎は、日本民藝館創設者である 柳宗悦(1889-1961)の思想と芹沢銈介(1895-1984)の作品に啓発され染色家の道を志します。 現在も現役で活動を続ける柚木が生み出す作品は、生命感のある模様と鮮やかな色彩にあふれています。 本展は平成30年度に日本民藝館で開催された展覧会を再構成したものです。 「模様を生み出すにはうれしくなるよりしょうがない」と語る柚木の模様と色彩の世界をご覧ください。

 
企画展
『本多静雄コレクションⅥ」
-現代陶芸を中心に-』
 (第2民芸館)
 同時開催 館蔵『編組品』(第1民芸館)
期  間
12月10日(火)~2020年3月8日(日) 観覧料 無料
内  容

実業家で日本有数の古陶磁研究科として知られる豊田市出身の名誉市民・ 本多静雄氏(1898-1999)が収集した民芸・古陶磁などや氏の業績を紹介するシリーズの6回目です。 今回は、館蔵品のうち地元愛知県の瀬戸や常滑などの現代陶芸作家の作品を中心に展示紹介します。

 
企画展
『(仮)伊勢型紙の技と美

  -名古屋造形大学所蔵石井コレクション-』 (第2民芸館)
 同時開催 『(仮)木工芸 黒田辰秋が集めたもの 
  黒田家寄贈資料展』(第1民芸館)
期  間

3月17日(火)~2020年5月24日(日) 観覧料 無料

内  容

伊勢型紙は和紙を柿渋で貼り合わせて乾燥させた型紙に専用の彫刻刀で 多種多彩な文様を彫り抜いたものです。着物や手ぬぐいなどの図柄を染めるのに用いられてきました。 名古屋尾造形大学が所蔵する石井コレクションは、江戸期から昭和期の型紙約2万点にも及び、今回これらの中から 優れた手仕事の型紙などを様々な角度から展示紹介します。
共催:名古屋造形大学同窓会 協力:名古屋造形大学

 
民芸館ギャラリー(第3民芸館)のご案内
5月19日(日)まで
平成30年度民芸館講座作品展
8月4日(日)〜8月17日(日)
みんなの作品展
8月24日(土)〜9月29日(日)
染色工芸家・塩入守治寄託資料展
12月10日(火)〜2020年2月9日(日)
郷土玩具展・干支と子
2月25日(火)〜4月5日(日)
民芸館講座作品展
4月14日(火)〜5月24日(日)
(仮)名古屋造形大学伊勢型紙ポスター展
 
この展示案内は、年間計画のため今後日程・内容等が変更となることがあります。
   
 
   
   
Copyright(c)2003 TOYOTASHI MINGEI-KAN All Right Reseved.
掲載されている全ての画像、文章のデータについて、
無断転用・無断掲載をお断りいたします。